上早川の歴史と伝説 その62

江戸時代の山争い(伴是福家文書より)

早川谷で大肝煎を代々務めた伴(斉藤)家の古文書には土地争いに関わるものを数多く確認できます。ここで紹介するのは、早川支流の西尾野川流域のアケビ平一帯の山争いの経緯を証するもので、江戸時代における山や入会地の重要性あるいは境界裁定のあり方などが良く解ります。

「猿倉村百姓等申状」
糸魚川歴史民俗資料館蔵・伴是福家文書
“上早川の歴史と伝説 その62” の続きを読む