上早川の歴史と伝説 (その二十一)

上早川のお宝   ~闊歩する国宝?カモシカ~

 前回は上早川のお宝として “ライチョウ”を紹介しました。上早川には同じ特別天然記念物の“カモシカ”も生息し、見かけた方も少なくないと思います。

 草食でウシ科のカモシカは、子牛ほどの大きさで短い二本の角をもち、一産一仔のため繁殖力が弱く、優れた毛皮が珍重されたことから頭数を減らしたようです。

 比較的おとなしく、人と会っても直ぐに逃げずこちらを静観していることから“山の哲学者”などとも呼ばれ、昭和三十年に指定されて保護されてきました。市内でも姫川以西の山岳地帯に生息が限られていたようですが、徐々に生息域を広め、近年は人家近くや海岸部にも出没して困らせています。しかし、ここ数年はイノシシやニホンジカに追われて再び生息域を狭めているようで、里山での出没は減っているようです。かつては、狩猟の恰好の獲物として乱獲され、今ではよそ者のイノシシやシカに縄張りを追われて肩身の狭い思いをしているようです。

 カモシカ、イノシシ、シカ、サル、クマなどの大型獣によるバトルが繰り広げられている私たちの周りに広がる深い森は、いわゆる国宝と同格の特別天然記念物カモシカも闊歩できる豊かな自然に恵まれている証でもあるといえるでしょう。

(木島)

上早川の歴史と伝説(その二十)

上早川のお宝 ~飛ぶ国宝? ライチョウ~

 糸魚川市における国の指定文化財の件数は、佐渡市、新潟市に次いで県内三位と多く、上早川にも国・市の指定文化財が所在します。そこで、上早川の歴史を物語り、お宝でもある指定文化財を紹介します。

 “文化財”と聞くと神社仏閣などを連想しますが、人類の文化的活動によって生み出された文化的所産やわが国の歴史上あるいは学術上において価値が高いものが“文化財”で、有形・無形文化財、記念物など多種多様です。


夏毛のライチョウ(靏本修一氏提供)

 焼山や火打山などに生息する「ライチョウ」は絶滅が危惧される貴重な鳥類で“特別天然記念物”として保護され、二〇〇五年の調査では国内の高山に三千羽ほどが生息し、火打山・焼山では二十五羽が確認されています。厳しい環境で天敵から身を守るため四季を通じて保護色を呈して生きのびてきましたが、温暖化による動植物の生息範囲の変化や登山者の廃棄ゴミを漁って高山域まで進出したサルやキツネなどに捕食され、どの生息地でも個体の減少が危ぶまれています。

 環境省や信州大学によってライチョウのDNA調査なども行われ、増殖も試みられていますが、まだまだ困難なようです。 いわゆる“国宝”と同格の“特別天然記念物”ライチョウが焼山の山頂近くで様々な環境変化や私たちの勝手な振る舞いに耐えながら生息していることを承知しておきたいものです。

(木島勉)